ネットショップで検索順位を上げて利益アップを図る方法

ネットショップを開いたら、安定した利益を狙っていくことが目標となります。
赤字と黒字が混ざるような運営ではなく、毎月の赤字を目標に利益を上げていくことが望ましいです。

最近ではネットショップの運営を新規で始める人も増えてきており、ライバルは増加中です。
そこで、同じ商品を扱うライバルにも差を付けながら売り上げを上げていく方法を紹介します。

 

【ショップのメルマガを発行して集客する】
ネットショップでは、お店のセール情報などを打ち出せるメルマガ配信が可能です。
使える手段はできる限り有効活用していくべきなので、メルマガの配信も忘れずに行うのがおすすめです。

以前、メルマガに通常価格よりも大幅に値下げした商品を掲載して売り上げアップにつなげたことがあります。
掲載したのは通常販売価格1580円の商品ですが、これを期間限定・30着限定の980円で販売。
このようなセールをメルマガに不定期で配信した結果、売り上げアップにつながりました。

この時に販売した商品は原価1000円の商品だったので、980円販売では赤字です
そこで「セール対象商品以外との同時購入限定」として、通常商品との買い合わせに設定しました。
通常商品の方は利益が出る価格設定でしたので、同時購入なら赤字商品の損失も補てんできます。

 

実は、この赤字販売で利益につなげる方法は、100円均一のダイソーでも行われている方法です。
ダイソーの商品の中には、100円での販売では赤字になる商品が多数存在しています。
しかし、来店するお客さんはいくつかの商品をまとめ買いするので赤字商品だけを購入するパターンはわずかです。

このように赤字商品でキャッチして通常商品と一緒に購入してもらえれば、赤字をカバーできる利益が確保できます。

 

【検索順位を上げて赤字を黒字にする方法】

赤字の商品を使って検索順位を上げる方法もあります。
メルマガ配信などの必要はなく、激安商品を一定数限定で用意するだけで行えます。

例えばある商品を30個限定で赤字の500円で販売した場合、利益は-15000円です。
しかし激安商品のため検索順位が上がり、上位表示されるようになります。
上位表示されるようになったら今度は値上げして販売し、今まで以上に販売数を増やします。
例として1000円に値上げしたとして、これが50個売れたら利益は50000円。

順位を上げるための500円販売では15000円の損失でしたが、トータル的には35000円の黒字になります。
このように検索順位を上げてトータルでの利益アップを図るのも有効な方法となっています。

メルマガは解除されてしまう可能性もありますが、この方法なら目に留まりやすくなるので、うまく使い分けて利益アップを狙いましょう。

5 Responses to “ネットショップで検索順位を上げて利益アップを図る方法”

  1. dm より:

    はじめまして。いつもホシノさんのブログを拝見させて頂いております。ホシノさんは物販業は独学でここまでこられたのですか?それても途中コンサルかなにか受けられたんでしょうか?お暇な時でよろしいのでお返事して頂けたら嬉しいです。

    • 転売大王ホシノ より:

      はじめまして、いつもブログを拝読していただきありがとうございます。
      今までコンサルは受けたことがなくすべて独学で行っています。
      始めたばかりの頃は情報商材を買ったことありますが、情報商材で公開される手法はすぐに飽和してまう内容ばかりでした。
      そのほかご不明な点がありましたらお気軽にご質問ください。

      • dm より:

        返信ありがとうございます。
        独学でここまで結果をだされておられるのは本当に凄いですね。他の中国輸入業をされている方はコンサルを受けたとブログで書いている方がほとんどなので驚きました。
        私は副業で3月の終わり頃からヤフオクで無在庫販売をしています。中国サイトで注文数が多いものを出品登録し売れればで購入→お客様に直送といった形をとっています。商材は一つのジャンルでヤフオクのみで行っています。
        4月の売り上げは16万で利益は10万、販売点数25程です。
        ホシノさんもブログで書かれているように無在庫販売のデメリットや将来性に自分でも痛感している次第です。やはりここは思い切って在庫を持つべきでしょうか?低レベルな質問で申し訳ありませんが是非ホシノさんの意見を聞かせて頂けませんか?宜しくお願い致します。

        • 転売大王ホシノ より:

          >4月の売り上げは16万で利益は10万、販売点数25程です。

          これはかなり良い結果を出されていますね!しかも無在庫で。

          無在庫はキャッシュフローが良いのですが、「必ず売れる」と自信のある商品があれば少しずつ有在庫に切り替えて販売するのがオススメです。
          国内から発送し、ユーザーの手元に届く配送期間が短縮すれば購入率も高くなりますし、大量仕入れすれば仕入値もやすくなります。

  2. dm より:

    返信ありがとうございます。やはり少しづつでも有在庫へ切り替えていくべきですよね。

    特に売れるものから少量づつ在庫を持って販売してみます。
    ありがとうございました。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ