Amazonでカートを獲得する方法と注意点

Amazonへ出店する際、売り上げを左右するのは「カートを獲得できるかどうか」に関わってきます。
カートを獲得できなければ利益につなげにくいため、Amazonではカート獲得が重要となります。

 

【Amazonカートの獲得による利益の違い】

Amazonを使ったことがある方なら、誰でもこのようなページを見たことがあると思います。

 

SnapCrab_NoName_2017-5-29_11-56-18_No-00
上記は商品の詳細ページで、右側の「カートに入れる」というボタンからすぐに購入手続きに進めます。
この時、ページの中央部分を拡大すると以下のような記載があります。

SnapCrab_NoName_2017-5-29_11-48-14_No-00
これは、カートに入れると「Lily(リリィ)」という出品者から購入するという意味になり、つまりこの出品者がカートを獲得している状態です。

以下のようにカートに入れるボタンの下に「こちらからもご購入いただけます」と表示されていることもあります。

SnapCrab_NoName_2017-5-29_11-57-10_No-00

上記の場合、カートに入れた時に購入するのは中央赤ラインの出品者から。
「こちらからも」の方を選択しなければ他出品者からの購入にはならない状態です。

通常、購入する方はそのまま「カートに入れる」を押すため、こうしてカートを獲得していた方が利益アップにつながります。

 

【カート獲得の条件】
Amazonでカートを獲得するには、Amazon側が求める条件を満たさなければなりません。
最低条件として、FBAを使う大口出品者であることが求められます。
FBAはAmazonにとって安心できる配送方法のため、FBA利用者の方が優遇されます。

この他で重要とされているのは
・価格
・在庫
・カスタマーレビュー
の3つです。

まず価格ですが、Amazonでは以下のように推奨されています。

SnapCrab_NoName_2017-5-29_12-47-7_No-00
「競争力のある価格設定」となっていますが、その下側には「最低価格を付けてもカートが獲得できる保証はない」と記載されていますね。
単純に「最安値を付ければいい」ととらえてしまわないように注意が必要です
また、在庫状況やカスタマーレビューに関するアマゾン側のアドバイスは以下の通りです。

SnapCrab_NoName_2017-5-29_12-47-20_No-00

在庫がゼロなどは論外となり、常に在庫に余裕がなければなりません。
また、お客様に対するサービス面も要求されます。
Amazonは地球上で最もお客様を大切にする企業という経営理念がありますので、これに準ずる出品者がカートを獲得しやすくなります。

 

【競争力の高い価格とは?】

Amazonの言う「競争力の高い価格」は、最安値という意味ではありません
最近はこのカート獲得基準の価格を最安値としてとらえている出品者が多く、価格崩壊を起こしていることもあります。
こうならないためには、Amazonの最安値から5%以内の圏内に設定しておくのがおすすめです。
以下で紹介しますが、Amazonでカートを獲得するには、最安値よりもカスタマーレビューの方が重要です。

 

【カスタマーレビューの重要性】

当ブログで、他のセラーと品質で差別化を図ることをご紹介してきましたが、これがAmazonのカート獲得にも活かされます。
Amazonのヘルプページには、このように記載されています。

SnapCrab_NoName_2017-5-29_13-2-15_No-00
出品者への評価でマイナスが少ない場合、顧客満足度が高い証となります。
Amazonはこうした出品者こそカートを獲得させやすいと言えるでしょう。
Amazonマーケットプレイス保証を使う割合が低いことも、お客様満足度が高い指標です。
また、返金率の低い出品者も評価されやすいので、これらを目安に出品していくのがおすすめです。

SnapCrab_NoName_2017-5-29_13-2-27_No-00

上記のように、一定の指標が定められているのでこれを目安にしましょう。
マイナス評価は評価全体の5%以内。
100件の評価がある場合、5件マイナスがあった時点でカート獲得が難しくなります。

マイナス評価は、以下のように到着が遅い・商品の破損などで多く発生します。
以下は、あるレディース用バッグのカスタマーレビューです。

SnapCrab_NoName_2017-5-29_13-22-39_No-00

SnapCrab_NoName_2017-5-29_13-28-6_No-00あらかじめお届けにかかる期間の記載・検品をしっかり行うなどの対策をすれば防ぐことができます。

また、Amazonマーケットプレイス保証の申請は、全体の0.5%未満と厳しくなっているので、特に家電などの中古品を扱う方は、コンディションを詳細に記載するなど注意しましょう。
返金率は当月の受注数に対して5%未満であることが望ましく、これも検品不足や中古品で多く発生します。

 

これらの他、Amazonではユーザーへのメッセージの返信時間がカウントされていることにも注意しましょう。

お問い合わせなどでお客様から質問などがあった場合、出品者がスムーズに返信しているかどうかがチェックされています。
お問い合わせにはなるべく早めに返信するように心がけましょう。
また、お客様側の返信でメッセージのやり取りが終了してしまうときは「返信の必要なし」というボックスにチェックを入れることで、出品者側からの返答が必要ない状態にすることができます。

これを行わずにお客様メッセージでやり取りを終わらせると、返信をしない出品者となるので注意しましょう。

 

マイナス評価を避けるには、念入りな検品や商品の品質チェックが重要です。

Amazonでカートを獲得するためには扱う商品の質を十分確認して、品質で他セラーとの差別化を図っていきましょう。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ