【メルカリ】不正アカウント売買で逮捕者が出ました

すでにニュースなどで知っている方もいるかもしれませんが、メルカリのアカウントを不正に売買したとして2人の逮捕者が出ました。

 

利用料金を安く抑えられる格安SIMを使用して架空情報を入力し、不正に作ったアカウントを他人に販売したことが原因です。
アカウントはヤフオクなどで販売されており、1つあたり600円~900円前後で売って2000万円稼いでいたようです。

 

【逮捕となった理由】
2人が逮捕された理由は、メルカリのアカウントを不正に作成し、メルカリの規約に反していたことです
これは「私電磁的記録不正作出・併用」という犯罪になり、「事務処理を誤らせる目的で、その事務処理の用に供する 権利、義務又は事実証明に関する電磁的記録を不正に作った者」という意味になります。

難しい言葉が多いですが、簡単に言ってしまうと、
・電磁記録=アカウント
・人=メルカリ
・事務=メルカリに影響を及ぼす行為のこと
・用に供する=メルカリを運営する行為
・権利、義務又は事実証明に関する電磁記録=銀行での元帳など
・権利、義務又は事実証明=私文書偽造と同罪
となります。

つまり、メルカリでのアカウントの不正作出は、メルカリの運営を妨害する行為であり、銀行の元帳ファイルを不正に使って私文書偽造を行った行為と同じレベルになります
不正アカウントは、今回の逮捕者のように、格安SIMを使えば誰でも簡単に作ることができますが、本来の「メルカリの利用」と言う行為から反れているため上記の罪に問われます

また、「メルカリの利用」を目的としていた場合であっても、メルカリでは「複数アカウントの使用禁止」となっているので、複アカを使用した時点で違反行為になるということです

ちなみに、複数アカウントの作出・売買で逮捕者が出たのは全国で初めてのことです。
逮捕された2人以外にも、ヤフオクなどでは複数アカウントを出品している人が大勢いました。
そのため今後も逮捕者が出るかもしれません。
今現在、複数アカウントを作成して販売している人は、絶対にやめましょう

 

【不正アカウント作成以外でも危険な行為】

アカウントを不正に作出する行為が犯罪であることはわかりましたが、利用している側も危険になる場合があるので気を付けてください。
例えばいくつかのアカウントを持ち、メルカリで物販を行っている人もいますが、これはメルカリの「複数アカウントの使用禁止」という利用規約に引っかかります。

メルカリではユーザーが安全に利用できるように、以下のような仕組みを設けています。

SnapCrab_NoName_2017-6-12_8-6-32_No-00SnapCrab_NoName_2017-6-12_8-7-49_No-00

図からもわかるように、メルカリと警察などの公的機関が連携し、不正行為を行うユーザーを排除するシステムとなっています。
メルカリに登録している個人情報を変更しても、アカウントを複数利用していることはすぐにバレる可能性が高いです。

また、アカウントだけでなく以下にも注意しましょう。

SnapCrab_NoName_2017-6-12_8-11-37_No-00

メルカリでは偽ブランドの販売行為も禁止されているので、これに抵触しないように注意が必要です。
あまりなじみがないかもしれませんが、キャラクターを使ったハンドメイド商品なども立派な知的財産権の違反になります。
中には、キャラクターを勝手に使った商品を販売しているユーザーも多くいます。

輸入雑貨の中には、ディズニーやアンパンマンをモチーフにした商品が多く存在します。
もちろん激安輸入品のためライセンスはありません。

このようなミッキーマウスの顔のシルエットを使ったヘアゴムや、

SnapCrab_NoName_2017-6-12_8-29-23_No-00

アンパンマンが使われた小物などをよく見かけます。

SnapCrab_NoName_2017-6-12_8-25-46_No-00
このスマホケースは正規品に見えますが、中国輸入品で正規ではありません。

輸入雑貨専門で雑貨店を開いていた知人の話では、「ディズニーもそうだがアンパンマンとジブリはライセンスに本当に厳しい」と話していました。
ディズニーは、悪質でなければ初回に限って許してくれるようですが、アンパンマンとジブリは即刻「警告」してくると聞きました。
この警告を無視していると即座に訴訟になりえるので、キャラクターの輸入雑貨には十分注意が必要とのことです。

上記のような商品は人気が高いため売れますが、アカウントを危険にさらすことになるので取り扱わないようにしましょう。

キャラクター商品を扱う場合は必ずライセンス取得済みの商品に限定してください。

 

【アカウントを守っていくために】

メルカリで物販をしていくうえで、複数アカウントを持てないとなると、現在のアカウントを大事にしなければなりません。
まずはメルカリの利用規約に違反しないこと。
禁止商品を扱ったり、仕入れることがないように気を付けましょう。

そして、不正アカウントを作成したりする行為は絶対に禁止です。
販路を失わないように、メルカリの利用規約をもう一度見直してみてください。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ