LINE@を使って集客する方法

BUYMAなどで物販を行っている場合、「LINE@」を取り入れることで集客に活かすことができます。
リピーターになってもらうことで利益アップが見込めるので、積極的に取り入れていくことをおすすめします。

 

【LINE@の魅力と使い方】

SnapCrab_NoName_2017-6-26_9-23-33_No-00

LINE@は、LINEを使ってお得なセール情報や新商品の紹介などを一斉配信することのできるサービスですが、各企業やメーカーなど大手のショップなどが持っている「公式アカウント」とは少し違ったシステムです。
公式アカウントは月額250万円~1000万円ほど必要で、その代わりに公式スタンプの配信や、タイムラインの最新情報を制限なく配信できるなどのサービスを受けられます。

対してLINE@は、月額0円から始めることができ、最高でも2万円ほどの利用料金で収まるので、個人でも手が出しやすい価格設定。
企業としてでなく、個人で物販を行っている方にとっては有効な集客方法と言えます。

LINE@でできることは、
・メッセージの送信※1
・1対1トーク
・タイムライン投稿(フリープランは月4回まで)
・LINEショップカード機能
・クーポン機能
など。

※1 月額利用料金フリーのプランの場合、友達登録してくれた人数×メッセージの送信数は1000通まで。
100人に10個のメッセージを送れるくらいまでの制限となっています。
ベーシックプラン(月額5400円)の場合、有効友達数5000人までならメッセージ数の上限設定はなし、プロプラン(月額21600円)の場合は有効友達数10万人までならメッセージ無制限です。

友達登録してくれた顧客に対してお得なセール情報やクーポンを配信することが可能で、新商品の入荷情報や次回予定のセール予告、クーポンの配信などを行うことでリピート率を上げることができます。
また、1対1でのメッセージのやり取りが可能なため、お客さんから商品に対しての質問があった場合、スムーズに返答できるのも魅力と言えます。

SnapCrab_NoName_2017-6-26_9-59-14_No-00

初めのうちはフリープランでスタートし、徐々に友達登録してくれる人数を増やしていきましょう。
100人近くになってきたら次のプランへ移行することも検討しながら、お得な情報を打ち出していくと購買数アップにつながります。

また、LINE@の大きなメリットとして、ショップのメルマガよりも開封率が高いことが挙げられます。
ECサイトなどから送信するショップメルマガは、送信してもタイトルだけ確認して開封されない場合が多いのですが、LINE@はLINE上に通知が届くのでスピーディーに開封してもらえます。
スマホユーザーの約4割がLINEを利用しているため、より情報を届けやすいと言えるでしょう。

 

【LINE@を紹介する方法】
BUYMAで物販を行っている場合、商品と一緒にLINE@のQRコードを送ったり、メッセージでのやり取りの時にIDを教えるのが理想です。
商品と一緒に送る場合は少しコストがかかりますが、手ごろな大きさの紙にLINE@のQRコードを印字して、商品と一緒に送るといいでしょう。
コストをかけたくない場合、取引メッセージの中でLINE@を伝えていけば、気になったらその場で登録してくれる人もいるかもしれないので効果的です。

ショップとして物販を行っている場合、お店のツイッターアカウントなど露出する機会を増やして、そこでLINE@を紹介することも有効と言えます。
費用をかけなくてもお店の情報は拡散できるので、顧客を増やすために活用していきましょう。

 

【楽天でのLINE@は注意】
BUYMAで、取引相手に対してLINE@を紹介することは違反ではありませんが、ECサイトでは注意が必要な場合もあるので気を付けましょう。
楽天にショップを持っている人は、楽天独自のメルマガシステムがあるので、楽天のページ上からLINE@へ誘導する行為は規約違反になります。
楽天ページから自社サイトへ誘導するような行為は、楽天のシステム利用料金を回避するための行為とみなされ、最悪の場合は退店処分を受ける事もあります。

SnapCrab_NoName_2017-6-26_10-31-41_No-00

そのため、各商品のページでLINE@を紹介するのは避けた方が無難です。
また、昨年9月から楽天では「同梱物への自社サイトを記載する行為をOK」としていますので、LINE@や自社サイトのURLを紹介するチラシなどを商品と一緒に入れて送ることはNGではありません。
ユーザーに対してLINE@を紹介したい方はこの方法で顧客を増やしていくといいでしょう。

ただし、楽天出店者の中には注文お礼メールにLINE@を紹介する旨の記載をしているという方もいますが、楽天ガイドラインでどの程度までが許容されているのかは定かではないので、商品へ同梱してお知らせした方が安心です。
楽天市場以外のショップ(メルカリなど)であっても、違反行為とみなされるリスクを極力避けて運営していきましょう。

特に、LINEなどのURLを教える行為が禁止されている場合、LINE@も同じく禁止とされることがあるので、利用規約は必ず熟読してください。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ