Amazonで売れる中国商品「BETO MP-036 空気入れ」をアリババでリサーチしてみた

こんにちは! 転売大王ホシノです

今日は中国から荷物が届きました~

注文したのが3月18日なので、ちょうど1週間で到着です。
まあまあのスピードかな。。

輸入ビジネスには輸送トラブルがつきものですが、
毎回なんのトラブルもなく、コンスタントにこのくらいの速さで届けば嬉しいですね。

中国から届いたダンボール箱

中国から届いたダンボール箱

というわけで今日は一日中、検品作業に追われていました~

腰も痛くなってきたんで、休憩ついでにこれを書いてます。

仕事のあとのミルクティー、サイコーでっす!

仕事のあとのミルクティー、サイコーでっす!

僕はコーヒー飲むと胃が痛くなって夜眠れなくなるので
ミルクティーしか飲めません。。子供かっ!

・・・というわけで本題いきますよ~

今日はAmazonで販売されている中国商品の紹介と、リサーチの流れをお話しします。。

こんな商品が売れてるんだな~

リサーチはこうやってやるんだな~

っと参考にしてみてください。

Amazonで売れている商品

Amazonで売れている中国商品はコレッ!

Amazonでは3/25時点で最安値が¥2,280-です。

モノレートで調べてみよう

モノレートでも見てみましょう。
http://mnrate.com/item/aid/B009WYA5NW

ライバル出品者は8人ですね。

まあまあ、微妙なところですが、大事なのは人数よりも、

【出品者数に対する販売数】と【価格の推移】です。

モノレート3か月データ:BETO MP-036 超高圧300psi ゲージ付きポータブルポンプ 空気入れ 空気いれ

モノレート3か月データ:BETO MP-036

過去3か月で表を見てみると、新品の平均価格は2,312円です。
出品者数は最大で15人まで増えてましたが、価格は2,000円台で安定してますね。

こういう相場の崩れにくい商品は、安定感があっていいですね~

Amazonでの評価は38件で星3つなので、まずまず及第点かな。

では、売れ行きはどうなんでしょう?

平均ランキングは3952位。

ランキンググラフのギザギザした谷の数を数えていくと…
販売数は1か月で35本くらいでしょうかね。

出品者の平均が8人ですから、1人あたり1か月に4本程度は売れてる計算になります。

まずまずですね。

あとは、1本でどのくらい利益が出るかが問題ですね。

アリババ・タオバオでリサーチしよう

では、さっそく中国サイトで探してみましょう~レッツゴ~!

アリババやタオバオでこの商品を検索するわけですが、
検索の方法は大まかに2通りです。

1、画像検索

2、キーワード検索

商品によって最適なリサーチ方法を選ぶと、スピーディに探せますよ。

その前に、この商品は【BETO】っていうブランド名がタイトルに入っているので、
Googleで検索して、出品に問題が無いか下調べしましょう。

コピー品を扱うわけには行きませんから、ここ重要です。

早速調べてみると…

どうやらBETOは台湾のメーカーらしいです。
http://www.aplus-beto.com.tw/about%20us.htm

ひとまずセーフ。。

というわけで次は仕入先を探しましょう。

今回は商品が台湾製であること、ブランド名と型番がタイトルに書かれていることを
踏まえて、キーワード検索を使います。

キーワード【BETO MP-036】でアリババを見てみましょう。
http://s.1688.com/selloffer/offer_search.htm?keywords=BETO+MP-036

アリババ検索結果

アリババ検索結果

ビンゴ! 出ました出ました36件

ここから最安値を探していきます。
価格順で並べ替えても良いのですが、アリババは検索の精度が悪いのか?
並べ替えると一気に商品数が減ってしまうことがあります。
単に価格のない商品がはじかれているだけでもなさそうなので、
検索結果数が少ない時には、僕はそのままリサーチしています。

で、結果はというと、この辺が最安値かな。

67元 ロット1~
http://detail.1688.com/offer/524293086892.html
69元 ロット1~
http://detail.1688.com/offer/43801695693.html

タオバオはどおでしょう。。

71元
http://world.taobao.com/item/39994236582.htm

やっぱりアリババが安いですね。

中国リサーチの注意点

さてここで注意事項です。
中国輸入ではと~っても大事なので、初心者の方は耳をダンボにして聞いてください。

  1. 仕入先のページは最後までしっかり目を通して、商品に間違いがないか確認
  2. 付属品などがある場合、すべて揃っているか確認
  3. Amazonのページでカタログ出典者の独自特典や商標・保証などがないか確認
  4. もし不明な点があれば、注文時に必ず確認

ざっとこんな感じで、チェックすることはいっぱいあります。

でも、「めんどくっさ~」とか言わないで。。

安定して売れる商品を見つけてしまえば、あとは楽ですから。
大変なのは一番最初です。

利益を計算してみよう

さてさて、仕入先が見つかったところで、利益計算をしてみましょう。

がっつり儲かると良いんですが、仕入れ値が少し高いから、どうかな~。

販売価格 2,280円
仕入価格 1,230円

※中国元のレートは3/25現行レート 17.3円+1円=1元18.3円で計算

粗利は1,050円ですね。

ここから輸送費経費を引いてみましょう。

FBA手数料計算で調べます。

フォームに販売価格・仕入価格・日本への輸送費を入れて「計算」ボタンを押します。

輸送費はとりあえず1kgあたり500円で計算。

商品重量は0.24kgなので、輸送コストは120円
これに中国国内輸送費や代行手数料、FBAへの搬入送料なども入れて、
ざっくり300円としてみますね。

で、最終的に出てきた利益は…

FBA手数料計算の結果

FBA手数料計算の結果

「184円…」

んんんん。。。

き、きびしい。。。

ちょっと難しいかな。。。

最低500円は利益とりたいので、この商品はアウチですね~

まとめ

今回は残念ながら駄目でしたが、こんなことで凹んでいてはいけません。
こういうことも時にはあるので、地道にコツコツ探すことが大切です。

ついでにAmazonで関連商品を調べたり、仕入先の商品一覧を調べてみましょう。
もっと良い商品が見つかるかもしれませんから、こういう調査は欠かさずやることです。

調査に時間をかけたくないなら、アウトソーシングという方法もあります。

ランサーズなど、個人のフリーランサーが商品リサーチを引き受けてくれます。
単価は1個のリサーチで100円~400円くらい。

なるべく中国リサーチに慣れた人にお願いすると、
スムーズに良い商品を探してくれることが多いですよ。

では、今日はこの辺で。

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ