Amazonで売れる中国商品【太鼓の達人 マイバチ用ケース】でいくら稼げる?

こんにちは!転売大王ホシノです。

今日は夕方から2時間ほどフィットネスジムに行ってきました。
週に2~3日、必ず運動するようにしています。

1人で在宅ワークをしているとどうしても運動不足になりがちですよね。
歳をとっても元気な老人でいたいですし、ケガや病気をしないためにも日ごろから鍛えてます。

僕が通っているフィットネスジムはアスリエっていう所なんですが、
お風呂やミストサウナがあるので、仕事で疲れたときにはお風呂だけ入りに行ったりもしてるんですよ。

独身サラリーマンの方なら、お風呂としての利用もアリなんじゃないですかね。
ナイト会員なら会費も安いし、仕事帰りに軽く運動してお風呂に浸かって。。
光熱費が浮くから会費分もカバーできるかもです!
ひろ~い浴槽で足を伸ばして入れるし、シャンプーもボディーソープもシャワーも使い放題ですからね。

普通のジムって、月会費が10,000円くらいかかるのが相場ですが、
僕の通うアスリエはたったの6,500円なんですよ~。
しかも場所によっては温泉が引かれてるんです。

残念ながら僕のところは温泉無し、施設も古いし、最新器具も置いていません。
平日の午前中とかに行くと、お爺ちゃんお婆ちゃんしかいません。。

でも、気取ってなくて、スタッフさんも気さくな方が多いので
とっても気に入っています。

まあ、正直に言うと、たまには若い女性にも会いたいところですが。
ご隠居さん達と一緒に水中ウォーキングしながら、ふっと虚しくなる今日この頃です。

さて、今日はアマゾンで売れている中国商品のご紹介です。

Amazonで売れている中国商品

アミューズメントゲームで有名な【太鼓の達人】で使うバチを入れるケースです。
といっても、本来はただのバチ用ケースで、別に太鼓の達人用に作られた専用ケースでも何でもありません。

販売価格:1,580円
出品者数:2

(リサーチ時)

こういう販売方法って、いろいろと応用が効きそうですね。
トレンド・流行りものに乗っかって、関連性のある商品を自分で見つけてきて売れば良いわけです。

中国輸入も相乗り出品だけでは難しい状況になりつつあるので、
こういう目線でオリジナル商品を発掘するのも面白いと思います。

その場合はもちろん、簡単に相乗りされないような工夫も必要ですね。

ただし、Amazonの規約的にこういったタイトルはどうなのか?という点は注意する必要があります。

モノレートで調べてみよう

では早速、モノレートで見てみましょう。

モノレート画像

新品平均価格:1,352円
平均出品者数:7.6
平均ランキング:3,294位

この2月に出品者が12人まで増えて価格は1,250円まで落ちました。

3月中旬から一気に出品者が減っているので、3月中旬~下旬にかけ販売数が急増したと考えられます。
ちょうど春休みと重なるので中高生の需要が増えたのかな?なんて推測はすぐにできますね。

今は出品者が減って一時的に価格が上がっている状態。
もう一人の出品者は2,240円で出品してるので、ひょっとしたらまだ値上がりするかもです。

ただ、他出品者の在庫が復活すれば、また価格は1200円前後まで下がると予想できますね。

アリババ・タオバオでリサーチしよう

このバチケースが中国から幾らで仕入できるか見てみましょう。

http://detail.1688.com/offer/45066938951.html

1-9個 20元 (1元=19円で計算すると380円)
10-49個 18元(342円)

この商品は画像検索では出てきませんでしたので、中国語でキーワード検索するか、
チャイナマートで日本語検索しても良いです。
http://chinamart.jp/

チャイナマートは輸入代行業者さんが運営している商品検索サイトです。
アリババとタオバオを日本語検索できます。

ただし翻訳精度は完璧ではないので、注意も必要です。

中国語で検索する場合ですが、【バチ ケース】といった単語で翻訳してもうまくいきません。
ケースという単語は中国語にすると翻訳がうまくいかないのです。

この商品はカバンの部類ですから、【包】というワードを使います。
例えば財布=【銭包】です。

【包】や【袋】などが一般的に使われます。

スマホの【ケース】はまた意味が変わってきて、【手机 套】が良く使われます。

手机=電話です。

中国語は、日本語から翻訳するよりも、一度英語で考えて、中国語に置き換えてやると良い結果が出ることも多いです。

【バチケース】NG ⇒【ドラム用のスティック入れ】⇒【ドラム スティック】⇒【鼓棒】⇒【鼓棒包】⇒日本語に直すと【ドラムスティックのパッケージ】

ということでキーワードの一例は【鼓棒包】です。

利益を計算してみよう

幾らくらい利幅が取れるか計算してみます。

販売価格:1580円
仕入価格:-342円(10ロット購入)

FBA手数料:-491円

送料経費:-100円(出品者による)

———————————-
純利益:647円

この販売価格でこれだけ利益が取れれば悪くはないと思います。
仮に販売価格が平均の1,352円に落ちても、利益が419円残りますね。

まとめ

利益は小さくても回転の良い商品は持っておくと良いですね。
なるべく高く売るには、Amazon以外のルートも用意したいところです。
この商品のジャンルなら、メルカリなどのフリマアプリや、ツイッターを販促に使った自社サイト販売なども考えられます。

また、利益の出る商品が見つかった時は、同じブランド内の商品一覧や関連商品からも芋づる式に良い商品が見つかることも多いです。

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ