【第1回:メルカリ トラブル予防法 ~購入者編~】届かない!返金!出品者!

こんにちは!転売大王ホシノです。

今日はメルカリについての話題です。

ダウンロード数日本一のフリマアプリとしてすっかり有名になったメルカリ(mercari)ですが、利用者が増えるにつれトラブルも多くなっているようです。

そんなメルカリでのトラブル事例や対処法について、数回に渡りお届けしていきます。

第1回は【メルカリ トラブル予防法 ~購入者編~】です。

メルカリで商品を購入する前に覚えておきたいことをご紹介します。

メルカリ トラブル予防法 ~購入者編~

最初に、購入者としてメルカリで商品を購入したときに起こるトラブル事例をいくつか挙げておきましょう。

▼良くあるトラブル事例

・出品者の都合でキャンセルされた
・商品が届かない
・注文した商品と違う物が送られてきた
・不良品が届いた。付属品に欠品があった
・ブランド品の偽物・コピー品が届いた
・送料出品者負担なのに着払いで送られてきた

ヤフオクと同じように個人間の売買がメインですから、お金の支払いや商品の配送など様々なトラブルが起こります。

しっかりとした事前・事後の対策を覚えておいて、トラブルに巻き込まれないようにしたいものです。

まずはトラブルを未然に防ぐための予防方法を抑えておきましょう。

【メルカリトラブル予防法1】評価をしっかり見よう

評価は数値よりもコメントの内容をしっかり確認しましょう。
過去、特に直近で配送や商品トラブルを起こしている出品者は要注意です。

ユーザーから「商品が届いていない」「違う商品が届いた」などのコメントが入っていないか確認しておきましょう。

【メルカリトラブル予防法2】商品説明をしっかり見よう

「わぁ~これめっちゃ安いやんか!ポチッ」…なんて衝動的に購入しないよう注意しましょう。

ゲームソフトを購入したつもりが、販売されていたのはケースだけだった、なんてこともあります。
コメントをしっかり読んで内容確認し、不明な点は必ず出品者に聞いてください。

その際、あいまいな返答やいいかげんな返答をする出品者には要注意です。
相手の応答から人柄を推察しましょう。

また、商品の状態もしっかり確認しておきましょう。

いざ届いてから、こんなはずじゃなかったと後悔しないよう注意が必要です。

【メルカリトラブル予防法3】発送方法を確認する

送料は出品者が負担するのか、購入者が負担するのかを確認しておきましょう。

また、発送方法は補償のある宅急便などを使うのか、補償なしの定形外郵便やポスト便を使うのか?
この辺もしっかり確認しておきましょう。

メルカリで安全に取引したいなら、定形外郵便など、追跡できない発送方法は避けましょう。
送料はたしかに安くて魅力的ですが、追跡番号もないような発送方法は極力、使うべきではありません。

高額商品は補償のある宅急便で発送してもらうのが基本です。

【メルカリトラブル予防法4】出品者に感謝する

日本人はとかく「お客様意識」が高い傾向にあります。

自分はお客様なんだからと、出品者に無理難題を強要するようなことはやめたほうが良いです。

値引き交渉はほどほどに、また相手からの連絡にはきちんと返答するのもマナーです。

取引において、出品者と購入者は対等の立場だということを忘れないでください。

自分の欲しいものを譲ってくれる相手に感謝しましょう。

まとめ

トラブルの予防法は、本当に基本的なことで、当たり前のことでもあります。
でも実際のところ、こういったことすら出来ていない購入者も多いのが現実なんです。

今回お話ししたポイントを抑えておけば、ほとんどのトラブルは未然に防ぐことができます。

一番大切なことは、出品者も購入者も、お互いを尊重して良い取引ができるように努めることです。

そのためには、怪しい出品者を避け、信頼できそうな出品者を選ぶ目も大切なんです。

購入ボタンをタップする前に、もう一度、商品内容を見直して、ぜひ楽しいお買物をしてください。

次回は【メルカリ トラブル事例と対処法 ~購入者編~】をお贈りします。

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ