楽天スーパーセールで97万円の売上

12月3日~12月7日は、

3か月に一度の楽天スーパーセールが開催されています。

 

昨日、12月4日(日)の売上は凄かったです。

 

楽天1号店の売上:57万円

1%e5%8f%b7%e5%ba%97%e5%a3%b2%e4%b8%8a1204

 

 

楽天2号店の売上:40万円

2%e5%8f%b7%e5%ba%97%e5%a3%b2%e4%b8%8a1204

 

楽天だけでなく、ショップリストの売上も良かったです。

ネットショップは、日曜日はいつも受注が多いです。

shoplist%e5%a3%b2%e4%b8%8a%e7%94%bb%e5%83%8f1204

 

ヤフーショッピングは、

売上68,235円、注文数合計26件

%e3%83%a4%e3%83%95%e3%83%bc%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%94%e3%83%b3%e3%82%b0%e5%a3%b2%e4%b8%8a1204

ヤフーショッピングはあまり売れないので、ほぼほったらかしですが、

それでも毎日きちんと売れています。

 

 

12月3日(土)と、

12月4日(日)の

2日間の全ショップの販売個数は986個でした。

 

この発送作業がものすごい大変ですが、

配送は専門業者に外部委託しているため、

正午12時に発送指示のCSVデータをメールで提出するだけです。

19時頃に、発送完了した追跡番号が記載されたCSVファイルがメールに届くので、

ネットショップに一括アップロードして発送通知をするだけです。

 

発送作業を外部委託すれば、作業に追われることなく、

発送作業の従業員の管理も必要ありません。

 

たまに売上が落ちる時は、従業員はやることがなくなるので、

売上が少なくても人件費がかかり、経営を圧迫していしまいます。

しかし、発送作業を外部委託すれば、発送した分だけの費用がかかるので、

コスト管理もしやすいです。

 

これがAmazon FBAでしたらもっと効率が良いです。

FBAに納品して、注文が入ったら、

Amazonが自動で発送と、発送通知をしてくれます。

 

Amazon以外のネットショップは、

効率化を構築するのが結構大変ですが、

一度仕組みを作ってしまえば、後はかなり楽になります。

今後も、この仕組みの作り方を少しずつ公開しよう思います。

 

私と同じ年商2億円のHIRAIさんという方が、

Amazonやネットショップの販売で成功されています。

年収1000万円プレイヤーになるための最短ルートを

無料動画で紹介されています。

脱単純転売!リサーチを止めて楽に年収1000万プレイヤーになる方法

 

 

 

楽天のスーパーセールですが、

ほとんどの店舗は値下げしたり、ポイント10倍、20倍の設定をしたりしています。

しかし、私は値下げはしないで、逆に値上げをします。

もちろん、値下げをした方が売れ、

新規ユーザーを獲得して、リピート購入してもらうという手法もあります。

化粧品や、サプリメントの販売はこの手法が通用しますが、

アパレルの商品は、リピート購入は少ないです。

 

売上を上げるために、値下げして販売する店舗が多いですが、

私は売上ではなく、利益を追求してるので、

値上げをして、利益率をアップしています。

 

それでも、セール日はもの凄いアクセス数があり、

ユーザーさんも購入意欲満タンなので、

値上げをしても普段の倍近く売れます。

楽天スーパーセールはこれほどの凄い勢いがあります。

 

 

この楽天スーパーセール時に大量に仕入れて、

Amazonで転売するのも美味しいです。

私も数年前やってました。

 

以前、楽天に出店している一部の店舗が、

セール前に値上げして、

元値を釣り上げて安く見せる不当価格表示がありましたが、

最近は厳しく取り締まり強化しているため、

現在のセール価格は本当に値引きされてるのでお得に購入できます。

新規ユーザーを獲得するために赤字で販売しているところも多いです。

 

楽天スーパーセール以外に、

楽天スーパー○○○○で仕入れる方法があります。

 

価格差で利益が出る商品は、なかなか見つからないのですが、

楽天スーパー○○○○のポイント還元で稼ぐ方法が

無料レポートで紹介されてます。

楽天スーパー○○○○って 知ってますよね? スーパーセール じゃないですよ。(笑) 私は楽天で先月も70万円くらい爆買いしました! 仕入れの秘密と仕入れた商品も大公開!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ