Amazon中国輸入で儲かる商品リスト100

 

Amazon中国輸入で儲かる商品リスト100点が無料で配布されてました。

儲かる商品リスト100&中国輸入動画講座 (終了しました)

 

動画にコメントを残したら、商品リスト100件をすぐにもらえました。

%e5%84%b2%e3%81%8b%e3%82%8b%e5%95%86%e5%93%81%e3%83%aa%e3%82%b9%e3%83%881

 

 

拡大するとこのようになっています。↓

%e5%84%b2%e3%81%8b%e3%82%8b%e5%95%86%e5%93%81%e3%83%aa%e3%82%b9%e3%83%88

 

 

 

リストは合計100点分で、仕入先のURLもありました。

リストを作成した日時が何時なのかはわかりませんが、

既に価格競争に陥って、値崩れしている商品が沢山ありました。

 

例えば、リストではAmazon販売価格が3000円の商品は、

実際にAmazonの販売ページを見ると、1500円になっています。

 

利益の出る商品もありますが、

無料で手に入るリストは、多くの方が仕入れてすぐに価格競争になる事が多いため、

リスト通りに仕入れるのではなく、

リストを参考にして他の商品を探した方が良いです。

 

 

例えば、中国輸入をしている出品者の「出品商品」一覧を開くと、↓

%e4%bb%96%e3%81%ae%e5%87%ba%e5%93%81%e8%80%85%e3%81%ae%e5%87%ba%e5%93%81%e5%95%86%e5%93%81%e3%82%92%e3%83%91%e3%82%af%e3%82%8b

 

 

 

他にも利益が出る商品が多数見つかります。↓

%e5%87%ba%e5%93%81%e8%80%85%e3%82%92%e5%8f%82%e8%80%83

 

 

 

相乗り出品

 

複数の出品者が同じ商品を同一ページに出品することを「相乗り出品」と言います。

相乗り出品は、商品ページを作成する必要がなく、

簡単に出品できるので初心者には良いのですが

大勢の方が参入するためすぐに価格崩落します。

 

数年前は、相乗り出品だけでもかなり稼げましたが、

最近は参入者の増加と、

中国人セラーが中国から直接Amazon FBAに納品できるため、

激売れの商品はすぐに参入者が集まって価格崩落します。

 

日本人は価格崩落しているように見えますが、

中国人セラーは激安で仕入れられるので、低価格でも十分儲かっています。

 

先月中国に行った際、中国人パートナーと色々現地を見て、

上流の仕入れ方法を教えてもらいました。

%e4%b8%ad%e5%9b%bd%e5%b7%9d%e4%b8%8a%e4%bb%95%e5%85%a5

 

 

 

%e4%b8%ad%e5%9b%bd%e5%b7%9d%e4%b8%8a%e4%bb%95%e5%85%a52

 

 

 

%e4%b8%ad%e5%9b%bd%e5%b7%9d%e4%b8%8a%e4%bb%95%e5%85%a53

 

 

 

中国人の上流の仕入れ方はまた今後公開します。日本人にはできないです。

 

そのため、中国人との相乗り出品の価格競争は絶対に負けます。

 

 

相乗り出品で稼ぐには

先程は長期目線で言いましたが、

売れる商品を見つけ、「すぐ」仕入れて「すぐ」販売すれば、利益が出る商品は沢山あります。

しかし、2回3回と同じ商品を仕入れる時は、既に利益が出ない状態になっている場合が多いです。

また、常に利益が出る商品をリサーチし続けるため、想像以上の労力を要します。

国内転売と同じで、「売れたら終わり」が多いです。

 

相乗り出品で少し長く稼ぐ方法

 

 

しかし、相乗り出品でも少し長く稼ぐ方法もあります。

「ノーブランド品」は、ほぼ全て中国輸入商品なので参入者が多いです。

%e3%83%8e%e3%83%bc%e3%83%96%e3%83%a9%e3%83%b3%e3%83%89%e5%93%81%e5%87%ba%e5%93%81

 

 

 

日本語ができない中国人も、

「ノーブランド」とAmazonでコピぺで検索すれば、

相乗り出品できる商品が沢山見つかります。

%e3%83%8e%e3%83%bc%e3%83%96%e3%83%a9%e3%83%b3%e3%83%89%e6%a4%9c%e7%b4%a2

 

 

 

「ノーブランド品」の記載があるページは簡単に見つかるので、

「ノーブランド品」の記載がないページを探して出品すれば、

長く販売できることが多いです。

%e3%83%8e%e3%83%bc%e3%83%96%e3%83%a9%e3%83%b3%e3%83%89%e5%93%81%e3%81%98%e3%82%83%e3%81%aa%e3%81%84%e3%81%a8%e3%81%93%e3%82%8d%e3%81%ab%e5%87%ba%e5%93%81

 

 

 

 

 

 

 

しかし、ランキング上位に上がってくると、

再び大勢の方が参入して最終的には価格崩落します。

 

 

相乗り対策

 

では、価格競争しないで長期間稼ぐにはどうするかと言うと、
以下のように、独自ページを作って相乗り対策をして成功している出品者さんがいます。↓

%e7%9b%b8%e4%b9%97%e3%82%8a%e5%af%be%e7%ad%96

 

 

 

上記の赤枠は「商標」です。

このように商標を取得したり、おまけ品を付けて相乗り防止の対策をしています。

 

これにより、商品ページを作成した人が一人で独占販売できます。

他の出品者がこのページに出品してきたら、

Amazonに報告して出品を取り下げてもらうことができます。

 

このページは、販売開始から3年以上独占販売し続けています。↓

2013%e5%b9%b4%e3%81%8b%e3%82%89%e7%8b%ac%e5%8d%a0

 

 

 

レビュー数から推測するに、合計5000枚ほどは売れていると思います。

 

 

こうした相乗り対策にたどり着き、中にはタオル等の「おまけ」を付けることで

相乗り出品を防ごうとする出品者さんもいます。

しかし、「おまけ」だけでは相乗り出品は防げません。

Amazonに通報しておまけを削除してもらったうえで、相乗り出品するという方法があるからです。

 

詳細はこちらの無料レポートに解説されています。

ライバルから利益を半分横取り!?○○○○出品のマル秘テクニック!?

 

 

 

一番効果的な相乗り対策

 

現在、アパレルで一番有効的な方法は、

服へのタグの縫い付けです。

これを行うだけで、商標がなくても相乗り出品を防止できます。

%e3%82%bf%e3%82%b0%e3%80%80%e7%9b%b8%e4%b9%97%e3%82%8a%e5%af%be%e7%ad%96

 

 

 

 

 

 

 

この手法が現在流行っているため、

日本への発送前に、中国でタグの縫い付けをしてくれる中国輸入代行業者もあります。

 

仕入先の見つけ方

 

人気商品の仕入先は卸サイトの「1688」で簡単に見つかります。

右クリックして、「Googleで画像を検索」をクリックします。

%e7%94%bb%e5%83%8f%e6%a4%9c%e7%b4%a2

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

そして、検索窓に「1688」と入力して検索します。

google%e3%80%801688%e7%94%bb%e5%83%8f%e6%a4%9c%e7%b4%a2

 

 

 

すると仕入先のページが沢山ヒットします。↓

%e4%bb%95%e5%85%a5%e3%83%9a%e3%83%bc%e3%82%b8%e6%a4%9c%e7%b4%a2

 

 

 

このワンピースの仕入れ価格は、1枚47元です。↓ (約800円)

1688%e3%81%ae%e4%bb%95%e5%85%a5

 

https://detail.1688.com/offer/42215143270.html

 

国際送料込みで1枚1200円ほどで仕入れられます。

関税、消費税、代行手数料を含めると約1500円くらいですね。

 

ちなみに「1688」は卸サイトですが、無在庫販売している店舗がほとんどです。

注文が入ってから、日本人には知りえない極秘の所から買い付けています。

 

そのため、上流から仕入れている中国人が

直接Amazonに出品して価格競争すると、日本人は負けるのです。

 

しかし、先程のページのように相乗り対策をして、

独自ページを作れば継続しで独占販売することができます。

 

売れる商品ページを作り、検索で上位表示すれば、

あとは在庫をAmazon FBAに補充するだけです。

 

1商品で5000枚販売することも可能になります。

 

発送や発送通知、顧客対応も全てAmazon FBAが代行してくれます。

 

このように、資産構築型の独自ページを作って長期間稼ぐ方法が、

オススメのAmazon中国輸入教材「China Import Master Plan」で詳しく解説されています。

 

転売大王ホシノの豪華特典付きは

こちら

 

 

 

 

 

 

 

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ